×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ノートの落書き


DHMOの恐怖

世の中には恐ろしい化学物質が数多く存在している。
その中でも代表格と言われるのがDHMOという物質である。

DHMOとは

DHMOとは Dihydrogen Monoxide の略であり、次のような物質であることが知られている。

DHMOは工場から毎日のように投棄されており、さらに原子力発電所の運用にも欠かせない物質だと言われている。普通の人にとっても決して無関係な話ではなく、DHMOの恐怖はあなたの身近なところに迫ってきている。

なぜ人は騙されるのか

有名な話なので知っている人も多いだろうが、「水」をいかにも危ない物質であるかのように記述したのがDHMOというネタである。一部では「ジョーク」だと言われてしまっているが、ただの冗談ですで終わらせずに、なぜ騙されるかをもう少し掘り下げてみたい。どの記述も「危険なものに使われている」というような煽りであるが、それ自体が本当に危険なのか、危険だとしたらどの程度危険なのか、定量的な議論が一切ないことである。なんとなく危険そうな雰囲気を醸し出しつつ、具体的な議論は避ける。一度「この物質は危険だ」と思い込んだら定量性は気にならず、続く記述をみても「ああやっぱり危険なんだ」と納得する。

今こそDHMOに期待

DHMOは種明かしすれば「なーんだ」で終わってしまう話だ。しかし身の回りの「危険な物」がDHMOではないと言い切れるだろうか。狂牛病で牛肉怖い、鶏インフルで卵と鶏肉は食えない、O157でカイワレ危険、福島産は放射能でやばい。さてどれが本当に危険なのか。いっそのこと「DHMOに汚染されて食べ物は全て危険!」と煽ってみてはどうだろうか。安心して食べられるものなどこの世になくなってしまうが、そうなって初めて「どれが一番『マシ』か」という話から「これはこの程度までなら摂取しても影響はない」という定量性を考慮した議論が始まる。今こそDHMOの危険を広めるべきだ。

戻る